転校届け

転校届け

子供が学校に通っている場合は、引越し前に転校手続きをする必要があります。
小中学校と高校、公立と私立では方法が異なるので、きちんと確認しておきましょう。

公立小中学校の場合

1.引越しが決まったら、担任の先生にその旨を伝えます。
2.在籍校で在学証明書と教科書給与証明書を発行してもらいます。
3.各市町村の役所で転入手続きをして、新しい住民票を交付してもらいます。
4.教育委員会へ住民票を持って行き、転入学する学校の指定を受けて、転入学通知書を発行してもらいます。
5.指定された学校へ在学証明書、教科書給与証明書、転入学通知書を持って行きます。

その他の転校の場合

学校の写真

公立高校の転校手続きは、各都道府県によって異なります。
編入試験に合格しないと転校できないので、なるべく早めに教育委員会へ問い合わせてみましょう。
私立中学高校の場合は、各都道府県の私立中学高等学校協会に問い合わせます。

引越し業者を選ぶなら?

サイトのキャプチャ画像

引越し業者を選ぶなら、大手業者が安心です。
私は今まで5回の引越しを経験しましたが、全て大手引越し業者に依頼しました。

でも、どこの業者が良いか分からないという場合は、ネットから一括見積もりを依頼してみましょう。
申し込みをすれば、地域に拠点のある業者から連絡が来るので、自分で探す必要もありません。

私が利用したのは、「比較.com 引越し一括見積もり比較.com 引越し一括見積もり」。
上場企業なので安心感があります。
それに、とても便利ですよ。