郵便局・転居届

郵便局・転居届

引越し1週間前までに、郵便局で郵便物の転送手続きを行いましょう。
やり方は簡単で、最寄りの郵便局へ行き、転居届ハガキをもらい、書いて投函するだけ。

最寄りの郵便局で、転居届ハガキをもらいましょう!

最近では、インターネットからも手続きが行えるので便利です。
日本郵便 e転居

郵便物の転送は1年間有効なので、この間に必要な住所変更を済ませておきましょう。
ただし、宅急便は転送されないので、佐川急便、クロネコヤマトなどに個別に転送手続きをする必要があります。

郵便物の転送手続きについて

・届出先:旧住所の最寄りの郵便局
・届出人:転居する本人
・必要書類:転居届、印鑑
・届出期間:引越し1週間前まで

引越し業者を選ぶなら?

サイトのキャプチャ画像

引越し業者を選ぶなら、大手業者が安心です。
私は今まで5回の引越しを経験しましたが、全て大手引越し業者に依頼しました。

でも、どこの業者が良いか分からないという場合は、ネットから一括見積もりを依頼してみましょう。
申し込みをすれば、地域に拠点のある業者から連絡が来るので、自分で探す必要もありません。

私が利用したのは、「比較.com 引越し一括見積もり比較.com 引越し一括見積もり」。
上場企業なので安心感があります。
それに、とても便利ですよ。